地震お見舞いのお礼

 本日、北海道胆振東部地震発生から2週間が経過いたしました。これまで多くのみなさま方から温かなお見舞いや励ましのお言葉をいただきました。心よりお礼を申し上げます。

 花展の最中とのことで大変なご心配をおかけしましたが、当支部はようやく落ち着きを取り戻し平常に戻りましたので、どうか、ご安心ください。

簡単ではございますが、お礼かたがたご報告申し上げます。

 

     平成30年9月20日

小原流札幌支部 支部長  

横井  景   


「明日へのとびら -今・来て・見て-」花展についてのご報告とお礼

 9月6日(木)未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震に際しまして、道内外からの温かなお見舞い、励ましのご連絡をいただき、心よりお礼申し上げます。

 報道で伝えられているとおり、この度の地震では立っていられないくらいの激しい揺れを感じ、札幌市内でもところによっては長時間の停電、断水を強いられました。折りしも花展の最中であり、当支部会員の安全や展示作品の様子がとても案じられました。幸い、会員に怪我などなく皆無事で、花展会場では、作品の幾つかが倒れたり落ちたりした程度で済みました。

会場となっていました東急百貨店さっぽろ店は9月6日~7日臨時休業となりましたが、お陰さまで8日~11日には花展を開催することができ、昨日無事に終了いたしました。交通手段がマヒし、安否の確認、食料や水の買い出し、節電対策、作品の花材が輸送途中で滞り届かないなど、色々なことを体験いたしましたが、会員一同の協力や機転で乗り越えることができました。

 様々な混乱の中、花展会場にお越しくださいましたご来場者のみなさま、本当にありがとうございました。なお、こういう状況下花展にご来場頂けなかった方に当ホームページ内で全作品をアップデート(花展2018年)致しておりますのでご覧頂けると幸いです。

 今後は、未だ余震も続いていますので心配はありますが、改めて皆で元気に進んでいこうと思います。まずは花展のご報告かたがたお見舞いのお礼を申し上げます。

 

     平成30年9月12日

小原流札幌支部 支部長  

横井   景  


小原流札幌支部は

 

今年も、充実した活動が出来るように

会員一同健康に気をつけて各行事を行ってまいります

 

季節の中でいけばなを通して、様々な出会いがあり発見があります

ご一緒に、いけばなのある生活を始めてみませんか

 

ご案内